楽器修理、ついに完了。焼津に受け取りに。。


finish7184.jpg
 
4月下旬から2ヵ月半、今日、焼津に完成した楽器を受け取りに行ってきました。

完成の祝杯を挙げていただけるとのことで、貴重な音源を聴きながら、bsn談義に盛り上がりました。帰りの新幹線を予約していたので、あたふたと帰る羽目になってしまいました。。

DSC00188.jpg
 

工房見学もさせていただきました。とても勉強になりました。


DSC00192.jpg
 

修理内容は以下のとおりです。

オーバーホール

・分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
・キー及びキーポストのAgメッキ
・管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)研磨仕上げ
・部品交換(全タンポ、全キーコルク・フェルト交換)
・部品交換(スプリングの交換及び修復)
・部品交換(U字管コルク交換)
・塗装修正(オイルフィニッシュ系仕上げ)
・管体ジョイント糸交換及び調整
・ローラーx2劣化、木ネジx3不適の為交換
・全体バランス調整とタッチ感の調整

スペシャル・オーダー

・左手親指 Low C key 製作 (操作性向上の為、形状変更)
・左手親指 High C key 製作 (操作性向上の為、形状変更)
・左手親指 pp rock key 製作 (操作性向上の為、形状変更)
・右手小指 F key / As key の操作性改善(G-key連絡改良含む)
・左手小指 Low Cis key / Es key の操作性改善
・右手親指 E key / Bb key 操作性改善 (Bb key形状変更)
・U字管の修復 (内径D2側肩口歪みの修正)

すべてのタンポをこの楽器にあわせて製作してもらいました。フィット感が素晴らしいです。

 

修理前

修理完了

 
DSC00009.jpg

DSC00217.jpg
ウィスパーロックの形状変更
DSC00011.jpg

DSC00211.jpg
 
DSC00014.jpg

DSC00208.jpg
 
DSC00015.jpg

DSC00209.jpg
 
DSC00017.jpg

DSC00214.jpg
 
DSC00018.jpg

DSC00207.jpg
 
DSC00020a.jpg

DSC00206.jpg
 
DSC00023.jpg

DSC00205.jpg

塗装は分かりにくいので、修理途中の写真をアップします。

 

修理前

修理完了

全体
bodywood-all-pre.jpg

bodywood-all-after.jpg
テナージョイント
ベルジョイント

tenor-bell-pre.jpg

tenor-bell-after.jpg
ロングジョイント
long-pre-finish.jpg

long-after-finish.jpg
ダブルジョイント
double-pre-finish.jpg

double-after-finish.jpg
カテゴリーKBW

4 Replies to “楽器修理、ついに完了。焼津に受け取りに。。”

  1. ま~、新品みたいな輝き!
    ボディーも美しいですね~
    今度、是非幕張にお越しくださいね!

  2. 小哲さま
    いやー、ほんとに良くなりました。
    キーノイズが全く無く、キーの形状変更でフィンガリングに余裕が出来たので、
    より演奏に専念出来そうです。
    低音もこれまでより厚くなり、ハイトーンも音のつながりが良くなりました。
    Big-Kさんに技術に感謝感激驚嘆です。

  3. いやあ、素晴らしいですね!
    オリジナルの状態に戻ったよう、といったらいいすぎでしょうか。塗装の美しさも写真から伝わってきます。

  4. dulcianさま
    塗装もとても良くなりました。せっかくなので、途中経過で送ってもらった写真も追加してみました。キーがついてないほうが、わかりやすいですね。
    音程や音色も以前より揃って、音の並びが良くなりました。

コメントは受け付けていません。